西口文也の生涯年俸はどれぐらいだったの?投球フォームやスライダーについても調べた。引退後はどうするのか

毎年、この時期になってくると

スポーツ選手の引退なんかがよく

出てきたりしている。

 

 

そして、野球界でまた偉大な選手が

現役引退を表明した。

 

 

埼玉西武ライオンズのピッチャーの

西口文也投手だ。

 

 

今回はこの西口文也投手について

いろいろと気になったので調べてみた!

 

 

[スポンサードリンク]

 

~西口文也投手について~

 

 

西口 文也(にしぐち ふみや)

西口文也

生年月日:1972年6月26日(満42歳)

出身地:和歌山県和歌山市

出身校:和歌山県立和歌山商業高校

出身大学:立正大学

血液型:A型

身長:182cm

体重:75kg

ポジション:ピッチャー

投球・打席:右投げ右打ち

所属球団:埼玉西武ライオンズ

背番号:13番

(2015年9月19日現在)

 

[スポンサードリンク]

 

 

西口投手が野球を始めたのは

小学生の頃だった。

 

 

中学校まではピッチャーのポジション

ではなくて、ショートと外野手として

プレーをしていた。

 

 

そして、県立和歌山商業高校

進学をしてからは兼任として

ピッチャーでもプレーするように

なっていた。

 

 

でも、高校時代には甲子園出場は

残念ながらならなかった。

 

 

高校卒業後は立正大学へと進学を

していって、この時からピッチャーに

専念をしていった!

 

 

西口投手が在籍していた時はチームは

東部2部リーグに所属をしていたんだけれど、

西口投手の活躍で1部リーグへの昇格を

果たす活躍も見せていた!

 

 

そして1994年のドラフト会議では

埼玉西武ライオンズ(当時は西武ライオンズ)

から3位指名を受けて見事にプロ野球選手

になっていきました!

 

 

 

~プロ入り後~

 

 

プロ1年目の1995年には

アメリカ独立リーグのチーム、

スーシティ・エクスプローラーズ

へと野球留学を経験していて

西口投手の決め球の一つと

なっているチェンジアップ

習得に成功している!

 

 

 

1997年には

 

最多勝

最多奪三振

最高勝率

ベストナイン

ゴールデングラブ賞

沢村賞

MVP

 

などの様々な賞を受賞する

ものすごい活躍を見せていた!

 

 

2000年には一度右足を痛めてしまって

しばらくは戦線を離脱する事態になって

しまったんだけれど、このケガが後に持病

をして付きまとってしまう結果になった。

 

 

その後は2005年までは安定した活躍を

見せていたけれど、2006年からは少しずつ

調子が狂い始めて、ケガも徐々に増えていった。

 

 

2013年かは先発として1勝もできていなくて、

2014年には中継ぎ登板だけで先発としての

登板が一度もなかった。

 

 

そして今年2015年には引退と

言う形になってしまった。

 

 

ちなみに西口投手の現役生活での

生涯推定年俸額は

 

27億8200万円(出来高は含まない)

 

最高推定年俸は

 

3億円(2006年)

 

ってゆう感じになっていた。

 

 

~プレースタイルについて~

 

 

西口投手の投球フォームは

ややオーバースロー気味の

スリークォーター。

 

 

変化球と言えばやっぱり

スライダー

 

 

スライダーの変化も横の変化と

縦の変化のあるスライダーがあって、

そのキレは抜群!

 

 

打者はフォークと見間違うぐらいの

変化だそうだ!

 

 

ちなみにスライダーについて書いた

記事もあるのでよければどうぞ!

スライダー(変化球)の握り方と投げ方について解説!ダルビッシュや松坂などが代表的かな

 

 

 

更に全盛期には最速152km/hを

記録していたぐらい速いストレート

も投げていた。

 

 

 

現役通算182勝ってことで、惜しくも

200勝には届かなかったけれど

今まで本当にお疲れ様でした!

 

 

 

~最後まで読んでいただいてありがとうございます!~

 

この情報がお役に立てれば嬉しいです!

いいね!やシェアしていただければ嬉しいです♪

 

それではまた!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ