広島中央警察署盗難事件の犯人は誰?幹部ではもう特定されてるのか?

皆さん、こんにちは!

 

今年のゴールデンウィークは

大型連休となって、行楽地や

旅行などいろいろと遊びに行って

いたって方も多いと思いますが、

そんなゴールデンウィーク中に

ある事件が起こっていたことを

ご存知でしょうか?

 

 

広島県警察広島中央署

多額の現金が盗難に遭うという

事件が起こっていたのです!

 

 

 

事件から1週間が経つのですが、

未だに犯人は逮捕されていないと

いう事態になっています。

 

 

今回はこの広島中央警察署で

起こった盗難事件について

いろいろと気になったので調べてみました!

 

[スポンサードリンク]

 

事件の詳細について

 

 

まずは、今回の盗難事件の

詳細についていろいろと見て

いきたいと思います!

 

 

 

 

まず事件が発覚したのは

連休明けの5月8日(月)のことでした。

 

 

警察署の金庫内には別件での

詐欺事件にて押収した現金の

8,572万円が金庫に保管されていました。

(詐欺による被害金)

 

 

 

8日の午後8時頃に

会計課長が金庫を調べに行った

ところ、現金がなくなっていることに

気付いて事件が発覚したようでした。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

そして、広島中央警察署では

5月2日(水)からゴールデンウィークに

よる当直体制となっていて、署員が

少ない状態が5月7日(日)まで続いて

いたということでした。

 

 

 

恐らくは犯人はこの署員が少なく

なる期間を狙っての犯行ではないか

とのことでしたね。

 

 

 

さらに、盗難に遭った現金ですが

別件の詐欺事件で押収した証拠品と

いうことで今年の2月から広島中央警察署で

保管をされていたいうことです。

 

 

 

通常ならば、証拠品は担当する課が

証拠品庫と呼ばれる場所で保管される

のが原則なのですが、今回押収した現金が

あまりにも多すぎたために収まりきらず、

更に容量の大きい1階にある会計課の金庫で

封筒に小分けされた上に箱に入れて保管されて

いたということでした。

 

 

 

 

ちなみに現金で8,572万円となると、

その重量は約8.6kgになるということ

なので、それなりの重さはありそうですね!

 

 

 

その会計課の金庫に鍵をかけて

保管をしていて、5月2日(水)に

会計課長がチェックした時には

異常はみられなかったようです。

 

 

 

 

そして、5月8日(月)の

午後8時頃に現金が

なくなっていることが確認された。

 

 

 

 

犯人の特定はされているのか?

 

 

 

警察署内で多額の現金が盗難される

というまさに前代未聞の事件が

発生してしまってから1週間が

経ちましたが、犯人の特定という

ことはされているのでしょうか?

 

 

 

 

まず、そもそもですが何で

警察署で現金が盗難されるなんで

いう事態になるのでしょうか?

 

 

 

 

普通だったら警察署に侵入して

現金を盗んでいこうなんてこと、

あんまり考えたりするもんじゃ

ありませんよね?

 

 

 

しかも警察署なんて狙ったとして

多額の現金があるなんであんまり

思いませんし、それこそ銀行とか

のほうが大金があるって普通なら

考えるもんじゃないでしょうか?

(だからといって盗んじゃダメですが!笑)

 

 

 

 

 

そのことから考えても、この事件は

まず警察署内に大金が保管してある

ということを知っている人物でなければ

犯行に及ぼうという気にすらならないのです!

 

 

 

大事なことなので2度言いますが、

だからと言って盗んじゃダメですよ!(^^;

 

 

 

 

さらにこの現金は当然ですが鍵付きで

保管されて、その現金の保管場所や

鍵の保管場所、そして警察署に多額の現金が

保管されていることを知っていたのは、

関係者の中でもほんの一部だったようなのです。

 

 

 

 

そして捜査を進めていく中でも、

保管してあった金庫の周辺からは

計猿関係者以外の指紋は検出されなかった

ということでした。

 

 

 

まあ手袋などをして指紋がつ

かないようにしたってことも

考えられますが、警察署に忍び

込むと言うことを踏まえると、

外部による犯行ってことはちょっと

考えずらい感じもしますね?

 

 

 

そう考えると内部での犯行

ではないかということが

考えられますよね?

 

 

 

 

そして広島中央警察署でも

事情に詳しい内部関係者の

犯行とほぼ断定しているよう

なのですが、犯人の逮捕には

まだふみきっていないということです。

 

 

 

 

幹部クラスでは特定されてるの?

 

 

警察署でもほぼ断定とまで

なっているにも関わらず、

犯人は逮捕されていないという

ことなのでこれも少しおかしな

話だなって思ったりしますね?

 

 

 

 

さらに情報自体を一部の関係者しか

知らなかったってことなので、それなりの

クラスの関係者ってことだと思います。

 

 

 

これはあくまでも推測の範囲ですが、

やっぱりこんな情報を知っているって

なると幹部クラスなのではないかと思いました。

 

 

 

幹部クラスともなれば、やはりいろいろと

問題があるのでなんとか対処方法を警察の

ほうで考えているってこともあるのでは

ないだろうかと個人的には考えました。

 

 

 

ですので、実はもう犯人は

特定されているのかもしれませんね?

 

 

 

でも、警察署での盗難事件という

前代未聞の出来事なので、時間を

かけて対応策を練っているという

ことなのかもしれません。

 

 

 

 

ですが、これはあくまでも個人的な

推測になるので、また何か新しい情報が

入ったら追記していきたいと思います!

 

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

この情報がお役に立てれば嬉しいです!

いいね!やシェアしていただければ嬉しいです♪

 

それではまた!

 

 

スポンサーリンク

2 Responses to “広島中央警察署盗難事件の犯人は誰?幹部ではもう特定されてるのか?”

  1. 悪を許さない男 より:

    犯人は会計課長です。
    では、なぜ逮捕されないのでしょう?
    それは、会計課長が、不都合な事実を把握しており、内部告発されるのを恐れているからです。
    この「不都合な事実」の解決こそが最大の問題なのですよ。
    それは、上司の指示に従いさせられた不正経理です。

    • lakland-0706 より:

      悪を許さない男さん

      初めまして、コメントありがとうございます。
      確かにそういった可能性も十分にありそうですね!
      一部では迷宮入りなのでは?ということも囁かれているようですが、
      大変嘆かわしい限りの出来事ですね。

      これからもよろしくお願い致します!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ