イチローが日本球界復帰?それとも引退?年俸や入団先も調べてみてた!

皆さん、こんにちは!

 

現在、野球のアメリカ

メジャーリーグで活躍している

イチロー選手が来シーズンプレーする

球団としてどうやら日本球界に復帰するのでは

という可能性が出てきているようですね!

 

 

いったい2018年のイチロー選手の

プレー先はどこになっていくのでしょうか?

 

 

今回はそんなイチロー選手について

いろいろと気になったので調べてみました!

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

イチロー選手のプロフィール

 

イチロー

イチロー

 

本名:鈴木 一朗(すずき いちろう)

生年月日:1973年10月22日(44歳)

出身地:愛知県西春日井郡

出身高校:愛知工業大学名電高等学校

血液型:B型

身長:180cm

体重:79kg

ポジション:外野手

投球打席:右投左打

所属球団:フリー

背番号:未定

(2018年1月18日現在)

 

 

 

 

野球をあんまり知らない方でも

イチロー選手の名前ぐらいは聞いた

ことがあるのではないかというぐらい

知名度は抜群の選手ですね!

 

 

 

ちなみにイチローという名前から

していかにも長男という感じの名前

ですが、実はイチロー選手にはお兄さんが

いて自身は次男ということですが、

このエピソードはよく知られている

お話ではありますよね。

 

 

イチロー選手の名前の由来は

おじいさんからきているということで、

おじいさんのお名前が銀一さんというの

ですが、その名前から「一」の部分を

受け継いだということなのですが、これは

イチロー選手だけではなく、おじいさんの

孫にあたる方には全て「一」の文字が受け

継がれているということでしたね。

 

 

 

 

そんなイチロー選手、地元は

愛知県の西春日井郡という場所で

野球を始めていったのは小学校時代で

最初は地元の少年野球チームでの

プレーをしていたということでした。

 

 

 

この当時はイチロー選手は

チームのエースで4番を打っていた

ということで、当時のポジションは

ピッチャーということでしたが、

イチロー選手は高校卒業までは

ピッチャーとしてプレーをしていましたが、

これもまたよく知られているお話

だとは思いますね。

 

 

 

そんな小学校時代のイチロー選手、

小学校3粘性ぐらいまでは学校帰りに

お父さんを学校が終わってからは自宅近くの

公園にて練習をよくしていたということ

なのですが、学年が上がっていくにつれて

だんだんとその練習では満足できなくなっていき、

町内にあった空港バッティングセンターに毎日

通い詰めるといった感じになっていきました。

 

 

 

ちなみに、小学校3年生ぐらいの時には

100km/hの球をすでに打っていたという

ことなので、もうこの当時からやっぱり

イチロー選手はすごかったんですね!

 

 

小学校6年生の時には全国大会への

出場経験も持っていましたね!

 

 

 

そして、中学校へと上がっていくと

野球部に入部をしていき、チームの

主軸として活躍をしていき3年生のときには

全日本少年軟式野球大会に出場をして

3位という結果を残していく一方で、

勉強の方もめちゃくちゃできたイチロー選手!

 

 

なんとその成績は学年では常にトップ10

には入っていたということだったので、

まさに文武両道といった感じだったんですね。

 

 

 

そして高校は愛知工業大学名電高校

通称、愛工大名電へと入学をしていき

1年生からもういきなりレギュラーとして

活躍をしていくことになります!

 

 

 

愛工大名電は全国的な強豪校としても

知られているので、甲子園への出場経験も

ありますが、この当時もイチロー選手は

ピッチャーとして活躍していたという

感じでしたね!

 

 

 

ですが、高校時代に交通事故により

その怪我が原因となってピッチャーとしての

活躍は高校までとなりますが、当時の

オリックス・ブルーウェーブ(現在の

オリックス・バファローズ)のスカウトから

野手としての能力にも注目されていきます。

 

 

その結果、ドラフトでは野手として

オリックスから4位で指名をされていき

プロ野球選手へとなっていきます。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

プロ入り後

 

 

1992年からオリックスでプレーを

していたイチロー選手ですが、現在で

こそイチローという登録名でおなじみ

ですが、最初は鈴木一朗という登録名

でしたね。

 

 

 

1993年には開幕からスタメンとなりますが、

成績不振ということもあり、2軍落ちとなって

しまった経験もあったようでしたね。

 

 

 

今のイチロー選手からはあんまり

想像できない感じですが・・・

 

 

 

そして、この2年目のシーズンに

イチロー選手の代名詞にもなっている

振り子打法を習得していくことになります!

 

 

 

そして、シーズン3年目の1994年から

現在の登録名のイチローとなっていき、

この当時のオリックスの監督をしていた

故・仰木彬監督の目に止まり1軍での

2番バッターとなっていくと、このシーズンの

当時の年間安打記録の210安打を記録していき

日本プロ野球史上最年少でシーズンMVPを

獲得していきます。

 

 

 

1995年シーズンはなんと、

首位打者、打点王、盗塁王、

最多安打、最高出塁率と獲得して

打者五冠王となっていき、日本プロ野球史上

初の打点王を盗塁王を獲得は

現在でもイチロー選手以外にはいない

というとんでもない記録なんです。

 

 

 

その後のシーズンでもイチロー選手は

活躍を続けていき、2000年11月には

現在ではおなじみとなっているメジャーリーグの

ポスティングシステムを利用しての初の

日本人選手としてシアトル・マリナーズへと

移籍をしていくことになります。

 

 

 

メジャーリーグでもイチロー選手の

活躍は相変わらずで、2004年には

メジャー新記録となるシーズン安打

262本を達成していきます!

 

 

 

そして、2012年7月にはいきなりの

ニューヨーク・ヤンキースへの移籍と

いうサプライズもありましたね。

 

 

 

2013年には日米通算4000本安打を

記録していき、2014年からは

マイアミ・マーリンズに移籍をしていき、

2016年にはメジャー通算500盗塁、

メジャー通算3000本安打などの記録を

樹立していき、2017年シーズンでマーリンズ

との契約が満了となり、現在はフリーと

いうことになっています。

 

 

 

そして、2018年シーズンは日本球界に

復帰するのではないのかという情報も

あり、仮に日本球界に復帰するとなると

外野手の層が薄い球団となる可能性が

あるのではということは言われていましたが、

どの球団になりそうなのかはまだなんとも

言えないといった感じでしたね。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

年俸について

 

 

次に年俸についても見て

いきたいと思いますが、

イチロー選手は昨シーズンまでの

年俸としては2016年の推定年俸が

約200万ドルで、日本円に換算すると

約2億2,200万円ほどになります。

 

 

 

もし、2018年シーズンに日本球界に

復帰となっていけば、おそらくはこの

金額よりかは少なくなってしまうかも

しれまんせんが。

 

 

 

また何か新しい情報があれば

追記していきたいと思いますね!

 

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

この情報がお役に立てれば嬉しいです!

いいね!やシェアしていただければ嬉しいです♪

 

それではまた!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ