台風10号(2016)の米軍最新進路予想を調べてみた!今回の注意点は3つらしい。

皆さん、こんにちは!

 

 

とうとう台風10号、ライオンロック

今日にも日本へと上陸してくるみたいですね。

 

 

今回はそんな台風10号、ライオンロックについて

いろいろと気になったので調べてみました。

 

[スポンサードリンク]

 

〜台風10号、ライオンロックについて〜

 

そもそも台風10号、ライオンロックが発生

したのは、8月20日のことでした。

 

 

発生してから今日でちょうど10日と

なるわけですが、皆さんももうご存知だと

思いますが、台風10号、ライオンロックは

もともとは本土へは上陸しない予定の台風でしたね。

(沖縄県には上陸しましたが。)

 

[スポンサードリンク]

 

ですが、そのまま通過してしまうのかと

思っていましたが、なんと今までには

ありえないようなUターンをして再び日本へと

接近をしてきました!

 

 

また、沖縄県に上陸した時よりも威力を

増しているので、けっこうな被害が予測も

されているようでした。

 

 

一説では、過去にあった伊勢湾台風ぐらいの

勢力があるのでは?なんでことも言われて

いたみたいですが、どうも実際はそれほど

すごい勢力ではないみたいなので、その点では

まだよかったかもしれないですね。

 

 

また、米軍での最新進路予想では

このような感じの進路予想になっていました!

 

台風10号

(出典:http://disastress.com/)

 

 

ちなみに、気象庁の最新の進路予想は

このようになっています。

 

台風10号

(出典:http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/)

 

こちらのほうが、少し進路が絞れていますね。

 

予想では、今朝から関東地方では一部暴風域に

入るみたいで、お昼頃には東北地方から

北海道地方の一部にかけて暴風域に入る

のではと予想されています。

 

 

次に今回の台風10号、ライオンロックに

注意すべきポイントを見ていきましょう!

 

 

 

〜3つの注意すべき点〜

 

今年は台風が例年に比べてあまり上陸が

なかったこともあり落ち着いていましたが、

今回の台風は中心気圧が965hPa、

瞬間最大風速が50m/秒となっていて

かなり勢力は強い台風になっています。

 

 

そんな今回の台風で注意すべき点は3つです。

 

 

〜其の1〜

 

まず注意するのは暴風です。

 

 

今回の台風の瞬間最大風速は50m/秒ということ

なのですが、この威力と言うのは、だいたい

飛ばされたスリッパで窓ガラスが割れてしまう

ぐらいすごい威力になります。

 

 

また、濡れた雑誌などでは37m/秒ほどで

窓ガラスが割れてしまうので、注意が必要ですね!

 

 

雨戸はしっかりと締めておくべきですね。

 

 

〜其の2〜

 

次に注意すべき点は高潮です。

 

 

前回の台風9号でも一部の地域で高潮の

被害がありましたが、今回の台風は

勢力もすごいので、もっとすごい高潮が

警戒されています。

 

 

過去には、2013年11月にフィリピンに上陸した

台風30号では高潮の被害が甚大で、5,6mほどの

津波並みの高潮が発生して多くの犠牲者が出て

しまうといった悲しい出来事もありました。

 

 

〜其の3〜

 

最後に注意すべき点は塩害です。

 

 

高潮の影響を受けそうな地域では特に

ですが、海水の塩分で農作物への影響が

懸念されるので対策なども必要になってきそうですね。

 

 

以上が今回の台風で注意すべき点でした。

 

 

ちゃんとした備えをしておき、被害を

最小限に抑えられるようにしたいですね。

 

 

備えあれば憂いなしです!

 

 

〜最後まで読んでいただいてありがとうございます!〜

 

この情報が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

いいね!やシェアしていただければ嬉しいです!

 

それではまた!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ