大塚家具会長と社長の争い激化!経歴を比べ今後の展開予想をした!

さあ今回は、現在いろいろ

問題となっている「大塚家具

ついてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

大塚家具の株価急上昇!

 

 

 

先月からテレビなどでも話題に

なっていましたが、大塚家具の

創業者である会長の「大塚勝久氏と

娘で社長の「大塚久美子氏との

お家騒動」といえる争いが

激しく対立しています。

 

 

その影響もあってか株価が

急上昇しています!

 

 

2月26日には一時株価が

ストップ高になるまででした。

 

 

現在は少し株価は下がり始めた

ようですが、それまではまさに

右肩上がりのうなぎ登り状態と

いったようでしたね。

 

 

 

 

 

会長、大塚勝久氏について

 

 

ここで大塚家具の創業者である

大塚勝久氏のこれまでについて

少し見ていきたいと思います。

 

 

 

大塚勝久

 

 

大塚 勝久(おおつか かつひさ)

生年月日:1943年4月27日

出身地:埼玉県春日部市

出身校:埼玉県立春日部高等学校

 

 

 

幼少期から桐タンス職人だった父を

手伝っていて、中学時代には業務の

一通りを経験していた。

 

高校を卒業した後1969年に父が

創った工房をもとに今の大塚家具を

創立させました。

 

現在の大塚家具のシステムはこの

勝久氏が考案したもので、当時としては

とても活気的なシステムだったんですね。

 

 

 

現在の役員はほぼ身内で構成されていて

家族経営」という形になっているようですね。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

社長、大塚久美子氏について

 

 

大塚久美子

 

 

大塚 久美子(おおつか くみこ)

生年月日:1698年2月26日

出身地:埼玉県春日部市

出身校:一橋大学経済学部

 

 

 

当初は大塚家具に入ることは

考えていなかったようで、本人は

大学卒業後は大学院に進み研究者に

なることも考えたそうですが、当時は

女性が就職に不利なこととバブル景気だった

こともあいまって就職活動を優先させたようです。

 

 

 

就職先として選んだのは

富士銀行(現在のみずほ銀行)でした。

 

 

 

しかし1994年に人材不足となってしまい、

事業拡大を目指していた大塚家具に

入社することとなりました。

 

その後は取締役などを経て

2009年には大塚家具社長に

就任しました。

 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

 

今後の覇権争いは

 

 

 

 

去年の夏に社長であった

娘の久美子氏が突如、

社長を解任となってしまって

それ以降は父である勝久氏

が会長との兼任で社長となって

いましたが、今年1月に急遽

久美子氏が社長に復帰しました。

 

 

 

このことに関してはいろいろと

水面下での動きがあったようですが・・・

 

 

 

このことがきっかけで現在の騒動と

なっているわけですが、結局のところ

どういった決着になるの?

と思うことでしょう。

 

 

 

3月に行われる株主総会で

全ての決着がつきます!

 

 

とのためにいろいろなアクションが

起こっています。

 

勝久氏が社長に戻った時に

現在の店舗経営者は全て

勝久氏側の人間」へと人事異動

が行われていたようです。

 

その狙いとして大株主に会社側には

社員全体がいるとアピールして不利とみられる

委任状争奪戦の状況を変えたいと

思っているのではないでしょうか。

 

ですが、影響としてはアピールだけで

基本的にはあまり意味がないいった

意見もあるようです。

 

 

 

 

一方で久美子氏のほうが

新しいシステムを導入するなどの

改革を提案していて、そちらのほうが

意見の賛同を得ているのでは?

という話もあります。

 

 

 

こういったことから見て

これからの大塚家具ということを

考えていくと娘の久美子氏が

経営権を獲るのではないのかな

と個人的には思いました!

 

 

 

いずれにせよ株主総会で

全てが決定します。

 

 

どういった結果になるのかが

注目になってきますね。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

 

 

それではまた!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ