ビエルサ日本代表監督に浮上か?アギーレ後任はいったい誰に?

さあ今回は、急遽日本代表監督候補に

名前が挙がった「マルセロ・ビエルサ」氏について

お話していきたいと思います。

 

 

 

マルセロ・ビエルサとは一体?

 

 

マルセロ・ビエルサ

 

本名:マルセロ・アルベルト・ビエルサ・カルデラ

生年月日:1955年7月21日

国籍:アルゼンチン

出身地:サンタフェ州ロサリオ

現役時代ポジション:DF

 

 

子供の頃からサッカーが好きで、

アルゼンチンのクラブチームである

「ニューウェルズ・オールドボーイズ」の

ファンだったそうです。

 

1970年代後半には自身もディフェンダーとして

オールドボーイズに加入することになりましたが、

わずか25歳で引退してしまいます。

 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

監督としてのこれまで

 

 

 

その後すぐにコーチに転身して

オールドボーイズ下部組織の指導者になりました。

初めて監督になったのは1990年にこれもまた

オールドボーイズでした。

 

 

 

そして1998年にとうとう母国

アルゼンチン代表監督になりました!

 

 

2002年に行われた日韓ワールドカップでも

アルゼンチン代表監督を務めていて、当時の中心選手には

「ロベルト・アジャラ」、「ファン・セバスティアン・ベロン」、「エルナン・クレスポ」

などの選手たちが活躍していました。

 

 

しかし、この2002年大会アルゼンチンは惜しくも

グループリーグ敗退という残念な結果に終わってしまいました。

それでもその後アルゼンチン代表代表監督を継続して2004年に

U-23アルゼンチン代表監督を務めて、同年に開催されたアテネ五輪では

アルゼンチンを優勝に導きましたが、その直後に突如代表監督を辞任したそうです。

 

 

 

その後は、2007年8月にチリ代表監督として就任しました。

2010年に開催された南アフリカワールドカップでは、南米予選で

ブラジルに次いで2位という結果で予選を突破して出場を決める。

そして見事グループリーグも突破して決勝トーナメントに進むが、

トーナメント初戦でブラジルに敗れて結果はベスト16となった。

ですが、チリ代表にとってのベスト16は1962年のチリ大会以来となりました!

 

 

ワールドカップが終了した後も代表監督は継続していましたが、

2011年1月に代表監督を辞任しました。

 

 

 

その後はスペインリーグの「アスレティック・ビルバオ」の監督として

2011~2013年まで在籍していました。

 

2014年からはフランスリーグの「オリンピック・マルセイユ」の監督に

就任していて、現在もマルセイユの監督を務めています。

 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

 

次期日本代表監督はビエルサ?

 

 

 

先程も言っていましたが、現在ビエルサ氏は

マルセイユの監督を務めています。

 

 

ですが、今季をもって契約は満了する予定です。

しかもビエルサ氏は来季の契約は交わしておらず、

現状のままではシーズンが終了したらそのまま

退任するということもビエルサ氏本人が話しているそうだ。

 

 

しかし100%来季の契約を交わさないとは言っておらず、

まだ確実とはなっていないようですね。

 

 

 

また今のところビエルサ氏は

サウジアラビア代表の監督になるのでは?

とも噂されているようです。

 

 

いずれにせよ、フランスリーグが終了する

5月まではビエルサ氏は明言をさけそうですね。

 

 

 

あとはビエルサ氏以外にも日本代表監督を

噂されている人物もいます。

デンマーク出身の「ミカエル・ラウドルップ」氏です。

 

 

 

ラウドルップ 

 

 

 

こちらのほうもまだ断言というわけではないので

次期日本代表監督が決定するのは

もう少し時間がかかりそうと言ったそころでしょうか。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただいて

どうもありがとうございました。

 

 

それではまた!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ